"昨年離れて暮らす祖母が、90歳の誕生日を迎えました。膝はちょっと悪くしていますが、いつも元気溌剌な祖母です。そんな祖母に「何か欲しいものある?」と聞いても、「本当に何も欲しいものはないから、お金使わないで。」と言ってプレゼントをもらうのを拒みます。 いつもそうなのです。毎年お誕生日と敬老の日には何かちょっとしたものでも贈ろうと思うのですが、ここ10年くらいは本当に物は欲しくないようで、以前あげたストールも、京都で見つけた素敵な和風のバッグも使った形跡はありません。お茶やお菓子だと「お友達が来た時に出すようにするね」と喜んでくれます。祖母のところには近所に住むお友達が毎日のように遊びに来るので、実際お茶やお菓子は役立っているようです。そういうこともあり、最近はずっと何かを贈る時は食べ物系ばかりになっていました。


しかし昨年の誕生日は90歳という節目の歳だし、何か形のあるものをあげたいなと思って前述のように祖母に尋ねたのですが、結果はいつもと同じ。祖母は何も欲しくないし、孫にお金を使わせたくない。私ももう大人になって随分たつのですけどね。 仕方が無いので私なりに考えて、日本橋の江戸屋のヘアブラシを贈りました。特級黒豚毛というものにしました。祖母は90歳ですが、とても綺麗で豊かな白髪です。毎日ブラッシングしているのを知っていました。使っているヘアブラシは豚毛のものだと思いますが、もう随分長い間使っていることに気づいたからです。 お誕生日に祖母にヘアブラシを持っていくと、「ありがとう、でももう物はいらないからね、お金使わないでね。」といつも通りです。また使わないままになってしまうかもしれないなと思いながら帰りました。


3ヶ月程経って今度はお菓子を持って再び祖母に会いに行くと、三面鏡の上にヘアブラシが置いてあるではありませんか。私は内心、やったー!使ってくれてる!と大喜びです。持って行ったお菓子を一緒に食べながら、祖母は私に「あの櫛(祖母はブラシのことも櫛と言います)で髪をとかすととても気持ちいいよ、とっても良いものだね。ありがとうね。でもこれで最後ね、もう何もいらないからね。」と言いました。私は「わかった、また美味しいお菓子を見つけたら持ってくるから一緒に食べようね。」と答えました。 恐らくヘアブラシは、祖母の心が動くほとんど唯一のものだったのかなと思いました。髪はやはり女の命なのだなと思った次第です。


細いくせ毛でも使いやすい2種類のヘアブラシ

私が良いヘアブラシを欲しいと思うようになったのは、若干年齢による髪の痩せなどの現象が出てきたせいでもあります。それまでは、外出した時にも髪の乱れなどはそれほど直すこともなく、手櫛で適当に整えていました。ここまでヘアブラシにこだわらなかったのはいくつかの理由があります。 まず、私は軟毛の細毛なので、髪を解かすとそれだけでダメージに繋がる事があります。髪というのは摩擦に弱いものでもありますから、必ずしもヘアブラシを使って良い影響が出るわけでもないと思います。さらに、外出先で持ち物が多くなるのも嫌な部分でした。


ですが、頭皮にとってはヘアブラシで適度にマッサージすることは非常に良いとも言われています。もちろんへアブラシで髪を整える時には、摩擦によるダメージをできるだけ避けることが大切ですが、頭皮部分はしっかりとケアしてあげると、地肌が柔らかくなり毛根が丈夫になります。 実際に新たなヘアブラシを購入したいと思った時に、どのような商品が良いかと迷ったのですが、結果的に私が購入したヘアブラシはカットコームとアヴェダのパドルブラシです。カットコームは髪を分ける時などにもかなり使いやすいですし、細いので髪に負担をかける事があまりありません。外出先にも持っていきやすいサイズです。


一方のアヴェダ パドル ブラシは、クッション力がとても高く、面が広いので広い範囲の頭皮ケアまでも可能です。一時期は目の細かい豚毛などのヘアブラシの方が良いとも思ったのですが、美容師さんなども、あまり細かい目の物はかえって髪に負担をかけるので使わないという話も聞きましたから、私もどちらかと言えば目の粗い物を普段使いした方が良いように感じました。 目の細かい天然毛のヘアブラシも、髪に潤いを与えるという話も聞いていますが、髪が絡まって目詰まりする要素も高いと思いましたし、特に癖毛の場合には目の粗いヘアブラシの方が上に負担をかけないと思いました。使い心地もこちらの方が良いですし、私の髪にはとても合っていると思います。そんな訳もあり2種類のヘアブラシを使うようになりました。